知って防ごう熱中症 命を救うAED 「 救命救急法」講習会で学ぶ (2017.5.2)

 5月2日(火)学校とPTA保健給食委員会が企画をし、救急救命について学びました。海部南部消防署から講師をお招きし、全校生徒、保護者の皆様、教職員が知識や技術の習得をしました。
 本校では今年度けがを予防する活動を通して、自他の生命を尊重し、安全のための判断・行動ができる生徒の育成をめざします。
*十四山中学校では職員室、体育館(舞台北側の袖)にAEDが設置されています。


生徒の感想
「心臓マッサージや人工呼吸は正しい知識がないとだめだと気づきました。また、熱中症を理解して自分の命を守ることが大切だと感じました。もしもの事態のときにいかにすばやく行動することやどのように対処するかを学びました。これを生かしていざというときに対応できるようにしたいです。今日学んだことを忘れずに自分が命を大切にし、元気に過ごしたいです。」(1年男子)   
DSC_0160 DSC_0181 DSC_0247

1年生交通安全教室 (2017.4.12)

 自転車の安全な乗り方を1年生が学習しました。4月12日、子宝駐在所と蟹江警察署から、講師の方をお招きし、「自転車安全利用五則」 など、自転車の安全な利用について学びました。その後、学校の周りを走行して、学んだことを実践しました。PTA校外指導安全委員会の方や先生たちに見守られ、安全確認をしながらきちんと行なうことができました。
                                                                                          
                                            
           「交通安全教室で学んだこと」
 自転車の運転中は交通標識に従ってルールを守るということを学びました。今までは「標識は自転車のときも守るのかな?」とか「自転車も車の仲間だったよね」とか考えていてはっきりしませんでしたが、今日の安全教室でとてもわかりやすく教えていただき、疑問が解決しました。妹にも伝えて、みんながけがをしないようにしたいです。(1年女子)
DSC_9979 IMG_3051 IMG_3054

めざす学校像 (2017.4.26)

○ 生徒が生きる勇気と学ぶ喜びを実感できる学校

○ 保護者が安心して子供を通わせられる学校
○ 地域の方が学校を支援することの喜びを感じ、地域の学校として誇りを共有でき

  る学校

                                                        

 このような学校を実現するため、保護者の皆様との対話を大切にして、職員は全力を尽くしていきます。よろしくお願いします。

入学式・始業式 (2017.4.7)

 51名の新入生を迎え29年度のスタート!
DSC00039 DSC_9949
DSC_9948 DSC_9941

待ちに待った! 3年生を送る会 (2017.3.14)

 3月14日 保護者の皆様にも参観していただき3年生を送る会が開かれました。生徒会執行部を中心に企画・運営し、1,2年生が練習を重ねて準備をしてきました。はじける笑顔、躍動するからだ、響く歌声、真剣なまなざしが送る側、送られる側の気持ちが一つになったことをもの語っていました。
DSC_9455 DSC_9472
DSC_9494 DSC_9546

第70回 卒業式 (2017.3.3)

 

 互いを認め助け合う風土は、十四山の中学校のよき伝統です。伝統と新しいことに挑戦する心意気と自主自立の精神は一、二年生が引き継ぎます。卒業生と在校生が一体となり、卒業式という特別な日が美しく輝きました。
DSC_1315 DSC00104
DSC00122 DSC00168

体力をつけるために④ (2017.2.28)

 試合や練習の終盤など、長時間運動を続けていると疲れてきて、運動のスピードや正確さが下がることは誰しも経験していることでしょう。休息により疲れがとれれば運動のパフォーマンスはもとに戻ります。実は筋肉を強くして疲れにくい体をつくるにも休息は重要な役割を果たします。筋肉を強くするためにはトレーニングと栄養と休息が必要です。トレーニングによって筋肉の組織を一度壊し、より強く再生させるのです。運動によって体に負荷をかけて、そのあとに栄養と休養を与えることで、以前より強い筋肉ができます。

 また、より強い筋肉ができるまでは24時間ほど必要であると考えられています。つまり、24時間以内に同じ筋肉を使ったトレーニングを行えば、体が回復する前に負荷を与えることになり、いずれはオーバーワークとなってしまいます。腕や肩などの筋肉を鍛えたら、次の日は背中やお腹の筋肉、3日目に足腰の筋肉を鍛えるというように、鍛える部分をローテーションさせる方法が良いということになります。それぞれの筋肉をより強く回復させながら、トレーニングを重ねていくとよいということです。

 4回にわたり体力について掲載しました。スポーツをする体力や日常生活の体力を向上させて病気やけがに強い体をつくり、健康な生活を送りましょう。

より美しく 3年生が奉仕活動 (2017.2.22)

 

 卒業を前に、普段の清掃では、行えない場所や内容の掃除を行いました。校長室、会議室、多目的室の大掃除とワックスがけです。また、自分たちが使ってきた机といすの脚の裏のゴミを丁寧にとり、水ぶきをしてきれいにしました。インフルエンザが流行し、学校全体に少々元気がない雰囲気でしたが、それを吹き飛ばすかのようにエネルギーと笑顔があふれていました。
DSC_8844 DSC_8850
DSC_8851 DSC_8869

体力をつけるために③ (2017.2.10)

 一般的に、理想的な睡眠時間は1日7〜8時間といわれているが、明確な医学的根拠があるわけではない。 必要な睡眠時間には個人差がある。すっきり目覚め、疲れがとれ、活動中の集中力が高まり効率が向上するような睡眠をとりたいものだ。 睡眠の仕組みや就寝前の注意点を理解した上で自分にとって理想の睡眠をしっかりと見極めよう。

① 早寝早起き  22:30~6:00が理想

② 寝ている時間帯が大事

③ 就寝前の夜食やスマホはダメ!

十中スポーツニュース (2017.2.10)

◎海部地区バスケット1年生大会

 第3位 →2/18の西尾張大会に出場

                                                      

AJリーグ 

 バスケット部はAJリーグに参加しています。AJリーグは海部地区の学校が参加し、リーグ戦を行います。練習試合を設定しにくい学校間で交流を行うことを目的にして年間6回ほど開催され、総試合数は1チーム30試合ぐらいになります。このリーグ戦で上位のチームはチャレンジマッチに出場できます。その可能性がある位置につけていましたが、2月5日に行われた出場決定戦で惜しくも敗れて、かないませんでした。顧問は「リーグ戦上位のチームとの戦いで勝利することはできませんでしたが相手を最後まで追い詰めることができました。今後の活躍に期待してください」とコメントしています。